フィジカル 栄養

たんぱく質を食べれば筋肉がつくという思い込み

投稿日:

たんぱく質と聞いてあなたは何を思い浮かべますか?

お肉やお魚、プロテイン?

大豆?豆腐?

カラダの筋肉に必要な栄養素だと思っている人が多いようです。

三大栄養素のたんぱく質についてまとめました。

たんぱく質は筋肉だけに必要な栄養素の誤解

三大栄養素の,たんぱく質、脂質、炭水化物はそれぞれカラダの中で相互に補いながら作用しています。

たんぱく質は、筋肉だけに必要な栄養素ではありません。

骨もカルシウムだけでは構成されず、たんぱく質が必要です。

神経細胞内でもたんぱく質が合成されて、メラトニンやドーパミン、ノルアドレナリンなど精神を安定させる神経伝達物質が作られます。

ジャンクフードばかり食べていると、精神的にもダメージを受けるのはこれも原因の一つです。

栄養素は、一つだけでは作用できないのです。

良質なたんぱく質ってよくサプリなどに書いてあるけど

良質なたんぱく質ってどのようなたんぱく質なんでしょうか?

消化吸収がいいのか?原料がいいのか?

何が良質か?誰が良質と決めたのかが気になります。

たんぱく質だけ増やせば筋肉がつく?の誤解

たんぱく質だけ、脂質だけ、炭水化物だけでは、カラダの機能を維持できません。

ビタミン、ミネラル、食物繊維なども必要でカラダの機能を維持するために日々休まず、食品から分解し再生し、他の栄養素と合成しを繰り返しています。

カラダの中で、このような分解、合成を繰り返すたびに、毒素や老廃物が発生します。

腎臓や肝臓がろ過して解毒するために働いています。プロテインを飲むと、肝臓、腎臓の負担が大きくなるのはこのためです。

もちろん、肝臓や腎臓だけでなく他の臓器にも関係してきます。

バランスのよい食事をしましょうというのはこれが基本になっていますが、このバランスのよう食事が人それぞれ違います。

たんぱく質をたくさん食べれば、筋肉に変わると言うのは幻想です。筋肉を鍛えるから筋肉が育つのです。筋肉を強化する時にたんぱく質だけでなく他の栄養素が必要なことは、優秀なトレーナーは知っています。ただたんぱく質を食べても筋肉は育ちません。

バランスの良い食事って?

育ち盛りの子供と40歳、70歳でも違いますし、同じ40歳でも、男性女性でも違い、日々の運動量、身長、体重、持っている遺伝子特性でも違うのです。

もちろん、アレルギーや消化吸収できるかどうかでも、バランスの良い食事は違います。

父がガンになってから8年間3食の食事を作ってきましたが、私と父ではバランスの良い食事内容は違いました。父は咀嚼、嚥下機能が低下していたため、きざみ食、ミキサー食が基本でした。野菜や肉を毎日トロトロに煮込んでいました。

サラダを食べることができなかったため、スムージーなどにとろみをつけることで、スプーンで飲めるようにしましたが、食事にジュースは合わないと文句をよく言っていました。しかし、3食自分の口で食べることで、余命2ヶ月宣告が嘘のように8年、寝たきりにもならず生活できました。

今思うと父のおかげで、消化吸収できるバランスの良い食事について学べた8年でした。

私は1日、1食から2食で、毎日、サラダとフルーツだけは食べています。その他は食べたいものを食べます。

何を食べたらいいですか?と聞かれてもすぐに答えられない理由

消化吸収も各臓器の働きも体内に溜まっている金属などでも変わります。

カラダの特性によって変わるため、万人に当てはまるバランスの良い食事指導はありません。

だから、何を食べたらいいですか?と聞かれても

食べ過ぎないこと。

いろいろな食品を食べることでいろいろな栄養素を取り入れましょう。

と当たり障りのないことしか言えません。

あなたにはあなただけのバランスの良い食事のとり方があります。

まとめ

友達や知人の健康法はあなたにも当てはまるのでしょうか?

病気になる前に一度考えてみませんか?

食事指導術セミナーの内容を参加者

新宿リラクゼーションサロン オーナーセラピスト出口紋子さんが「たんぱく質」についてをまとめてくれました。

たんぱく質であるプロテインの摂取効果は筋肉を付けるだけですか?

たんぱく質であるプロテインの摂取効果は筋肉を付けるだけですか?

日本健康医学コンシェルジュ協会は、正しい情報で健康指導する人の協会です。

Keiko
メディカルコンシェルジュは、あなたの美容と健康をのサポート情報をLINE@で配信中です。
募集中
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
吉田 圭子

日本健康医学コンシェルジュ協会 会長:吉田 圭子

日本健康医学コンシェルジュ協会 会長 メディカルコンシェルジュとして、医療現場で予防医学を学ぶ。医師と連携し、食事療法などで末期がんで余命2ヶ月と診断された父を最後まで好きなものを食べ、寝たきりにならないようにし8年介護をした経験から、日本健康医学コンシェルジュ協会を設立し、健康サービス従事者と医師、医療機関の連携。 ウソやインチキ、だましの多い健康情報の中から、正しい情報を精査する知識と能力を身につけることができる場所を提供している。

-フィジカル, 栄養

Copyright© Medconcierge , 2018 All Rights Reserved.