ダイエット 医学

ストレス太りに糖質制限ダイエットはオススメできない理由

更新日:

あなたの太ってしまった原因がストレスによる食べ過ぎなら、どんなダイエットをしても痩せません。一時的に痩せたとしてもリバウンドをしてしまいます。
ストレス太りの場合、ガマンすること、がんばることはますますストレスを増やし、カラダに負担をかけるだけなのです。

ストレスで食欲がコントロールできなくなった脳の機能を改善することで解決できます。

ストレスで太るときと、痩せる時があります。
どちらにしても、脳がストレスにより正しい判断ができていないということです。

ストレスで太りやすい人のチェックリスト

  • 睡眠不足が続いている
  • 完璧主義である
  • 趣味があまりない
  • 甘いものが好き
  • ダイエットを繰り返している
  • 食べることが好き
  • ご飯よりパンが好き
  • パスタやラーメンなど麺類が好き
  • 丼ものが好き
  • ご褒美でケーキやアイスを食べる
  • 一人で食事することが多い
  • テレビを見ながら食事をする
  • 和食より洋食が好き
  • 食べるのが早い
  • チェックが3つ以上ついたあなたはストレスで太ってしまうタイプです。
  • そんなに食べていないのに太ってしまう
  • 無意識に食べ過ぎてしまう
  • ドカ食いして後悔することがある
  • イライラして甘いものが食べたくなる。
  • どうしても食欲が抑えられないときがある

チェックが3つ以上ついたあなたはストレスで太ってしまうタイプです。

なぜ、ストレスで太るのでしょうか?

ストレスを受けることにより、ドーパミンが多く分泌されます。
このドーパミンは食欲を増進させる働きがあり、必要以上に食欲が出てしまいます。
そして満腹中枢を刺激して食欲をコントロールするレプチンの働きも鈍るのです。
食べ過ぎてしまう。食べても食べても満足できないのは、このようなメカニズムなのです。

そしてストレスホルモンとも言われている「コルチゾール」も分泌されます。
コルチゾールが体内に溜まると、血糖値を維持するために、筋肉の合成を抑制し、分解してエネルギーにしようとします。
脂肪の代謝も抑制し、エネルギーを蓄えようとするのです。
これはストレスという外敵からカラダを守ろうとする防衛のためです。

そして、この防衛本能が働くと、甘いもの(糖質)や脂質を食べたくなるのです。

ストレス太りはカラダの防衛本能

人間のカラダはとても繊細で優秀です。
ストレスからあなたのカラダを必死に守ろうとしているのです。
だからストレス太りは、食事制限や運動など、がんばるダイエットは効果が出にくい理由です。
本能に逆らうダイエットはやめましょう。

一時的に体重が減ったとしても、すぐにリバウンドしてしまう理由でもあります。

ストレス太りと糖質制限など食事制限ダイエットの相性が悪い理由

ストレスで脳の満腹中枢が混乱しているため、甘いものや油っぽいものが食べたくなるのがストレス太りの原因。

ここで糖質制限をしてしまうことで、ますますストレスが蓄積されてしまうのです。糖質制限を試したことがあるなら、糖質制限食を毎日の生活に取り入れることがどれだけ大変なことかわかると思います。

食べたいものを我慢するのは、大きなストレスではないでしょうか?
そして、糖質制限をやめたときにまた食べても食べても満足できないということになりかねません。

また糖質制限は根野菜や果物なども制限するため食物繊維や酵素不足になり、腸内環境を悪化させる原因にもなります。

ストレス太りだけじゃないストレスで悪化する症状・病気

  • 偏頭痛
  • 緊張型頭痛
  • 肩こり
  • めまい
  • ​喘息
  • アトピー性皮膚炎
  • 蕁麻疹
  • 高血圧
  • 心臓病
  • 胃炎
  • 下痢
  • 便秘
  • 生理不順
  • 更年期障害
  • 肥満・メタボリックシンドローム
  • うつ病
  • 不安症
  • 自律神経失調症
  • 不眠症
  • がん

ストレスがたまると

カラダの働きを調整していいる「自律神経系」
ホルモンバランスを整えている「ホルモン系」
カラダを外敵から守る「免疫系」
気分をコントロールする「脳内の神経系」

これらの働きやバランスが崩れてしまうため、さまざまな症状が出てしまいます。

ストレス太り、肥満、メタボリックシンドロームだけでなく、カラダのあらゆる機能に影響を及ぼします。

ストレスとのうまく付き合っていく方法をみつけることが、重要なポイントになります。

ストレスとうまく付き合う

ストレスをなくすことは出来ません。しかしストレスとうまく付き合うことは出来ます。
ストレスを解消する方法はありますか?

ストレスでダメージの受け方やカラダへの影響は人それぞれ違います。

ストレスの解消、発散方法も人それぞれ違います。

「食べる」以外のストレス解消法をみつけることがストレス太りには一番のダイエット方法です。

ストレス解消法の見つけ方

  • よく寝る
  • 軽い運動(散歩ぐらいでOK)
  • 話を聞いてもらう
  • 知らない場所に行ってみる
  • 映画館で映画を観る
  • 大声を出す(カラオケなどでOK)
  • 悲しい映画やドラマをみて泣く
  • 1人になる時間を作る
  • 悩みやイライラすることを紙に書きだす
  • 瞑想をする

一般的に言われているストレス解消方法を試してみましょう。

試したストレス解消法に〇△×と評価をして、ゲーム感覚でストレス解消法探しをするとそれ自体がストレス解消法になることもあります。

今すぐストレス太りを解消したい場合

ストレス太りはわかったけど、今すぐ効果的なことをしたい。

太っていることがストレスになっているなどの場合は、「食欲抑制剤」というお薬で、ストレスでコントロールできない食欲を抑えることができます。

医療機関で医師の処方が必要なお薬です。日本で唯一厚生労働省の認可のダイエット薬、ダイエットピルです。
食欲を抑えることができ、代謝を促進するため毎日薬を飲むだけで、食欲と体重のコントロールができます。

妊娠中、授乳中の方は服用できません。
その他にもカラダの状態により服用できない場合がありますので、医師と相談して処方してもらう必要があります。

いろいろ試したけど、ストレス太りが解消できない。今すぐストレス太りを解消したいなら、体質改善専門医をご紹介しますので「ストレス太りを解消したい。」と本協会までご連絡ください。

まとめ

ストレス太りの場合は、ストレスが増長される糖質制限などの食事制限ダイエットは一時的に痩せても必ずリバウンドをしてしまいます。ストレスを軽減して、脳の満腹中枢を正常に戻すことが、リバウンドしない方法です。無理な運動をすることも、同じ結果になります。

ストレスを感じずに、一生、食事制限できますか?一生、運動できますか?

自分に合わせた一生続けられるダイエット方法をみつけることが必要です。やめたらリバウンドする方法は間違いだということです。

ストレスで食べ過ぎてしまう場合は、医師の指導下で「食欲抑制剤」を服用し、カラダと脳を正常に戻す方法もあります。

メディカルコンシェルジュ 吉田圭子

Keiko
メディカルコンシェルジュは、あなたの美容と健康をのサポート情報をLINE@で配信中です。
募集中
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
吉田 圭子

日本健康医学コンシェルジュ協会 会長:吉田 圭子

日本健康医学コンシェルジュ協会 会長 メディカルコンシェルジュとして、医療現場で予防医学を学ぶ。医師と連携し、食事療法などで末期がんで余命2ヶ月と診断された父を最後まで好きなものを食べ、寝たきりにならないようにし8年介護をした経験から、日本健康医学コンシェルジュ協会を設立し、健康サービス従事者と医師、医療機関の連携。 ウソやインチキ、だましの多い健康情報の中から、正しい情報を精査する知識と能力を身につけることができる場所を提供している。

-ダイエット, 医学

Copyright© Medconcierge , 2018 All Rights Reserved.