美容/アンチエイジング

『美肌を保つ』たった3つのポイント

更新日:

美肌を保つための重要ポイントはたったの3つです。この3つのポイントを外すと何をしても美肌は手に入りません。

1,こすらない

こすれば、こするほど肌はダメージを受けてどんどん黒くなります。

メイクを落とす場合はクレンジングをたっぷり使い肌をこすらないことがポイントです。洗顔はたっぷりの泡を肌の上にのせるイメージで。肌を直接こすらないこと。摩擦を与えると肌は黒ずみ、ゴワゴワと硬くなります。

目をこする癖がある人は目の周りが黒ずんでいませんか?

洗顔後、顔を拭くときもこすらず、タオルを押さえつけるようにしましょう。

2,洗いすぎない

  • ニキビが気になる
  • 毛穴が気になる
  • べたべたする

そんなお悩みから、洗いすぎてしまっている場合が多くあります。

洗いすぎてしまうことにより、過剰に皮脂が出て逆効果になっている人をたくさん見てきました。洗いすぎにより、肌に必要な皮脂まで取り除いてしまうのは、逆効果なのです。

洗顔ブラシなどで、肌を痛めつけていませんか?ゴシゴシ洗うと肌はゴワゴワ、カサカサになってしまいます。

朝の洗顔は、洗顔料を使わなくても問題ありません。

3,保湿

とにかく乾燥させないことが一番。

高価な化粧品をけちって使うなら白色ワセリンをたっぷり使う方がいいのです。とにかく乾燥させないことだけ考えてください。化粧品にどんなにいい成分が入っていても、肌の細胞まで侵入し肌質を変えることは出来ません。

化粧品にアルコールが入っている場合は乾燥を促すため避けましょう。

いろいろやり過ぎで駆け込んでくる方が後をたちません。どんなにいい化粧品を使っても結果が出ない方は使い方を間違えているのかもしれません。

不安な方はお使いの化粧品一式を持って相談に来てくださいね。

まとめ

美肌を保つポイントはとてもシンプルで簡単です。たくさんのお化粧品や美容法が溢れているため、混乱してしまいます。化粧品の役割は肌を清潔に保ち、肌を乾燥から防ぐことです。

化粧品の使い方を間違えてしまうことで、肌のトラブルを増やし、シミやシワの原因になることがあります。

化粧品メーカーで働いていた頃は化粧品をたくさん使い、今より敏感肌になり、肌トラブルが絶えませんでした。そして、また肌トラブルをケアするために新しい化粧品を使い、ドツボにハマっていました。

 

Keiko
メディカルコンシェルジュは、あなたの美容と健康をのサポート情報をLINE@で配信中です。
募集中
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
吉田 圭子

日本健康医学コンシェルジュ協会 会長:吉田 圭子

日本健康医学コンシェルジュ協会 会長 メディカルコンシェルジュとして、医療現場で予防医学を学ぶ。医師と連携し、食事療法などで末期がんで余命2ヶ月と診断された父を最後まで好きなものを食べ、寝たきりにならないようにし8年介護をした経験から、日本健康医学コンシェルジュ協会を設立し、健康サービス従事者と医師、医療機関の連携。 ウソやインチキ、だましの多い健康情報の中から、正しい情報を精査する知識と能力を身につけることができる場所を提供している。

-美容/アンチエイジング

Copyright© Medconcierge , 2018 All Rights Reserved.