ダイエット 医学 栄養

糖質制限で疲れにくくなり、集中力がアップする理由

投稿日:

糖質制限が流行っています。糖質制限で疲れにくくなった。集中力がアップしたという人が多くいます。

なぜ糖質制限をするとそのような効果がでるのか知っていますか?

糖質を制限することで、糖質をエネルギーに変えるための必要なビタミンB群を消費しないで済むからです。

糖質制限で、疲れにくくなったというよりも、ビタミンB群が不足しなくなったために疲れにくくなったというのが理由です。

ビタミンB群が不足すると出る症状

糖質を摂取することでビタミンB群が不足し、下記の症状がでます。

ビタミンB1不足

  • 疲労
  • 肩こり
  • 筋肉痛
  • 脚気
  • 食欲不振
  • 記憶力減退
  • 集中力低下
  • 神経炎
  • 光や音に敏感になる

ビタミンB2不足

  • 肝臓機能低下
  • 脂質の過酸化
  • 疲れ眼
  • 眼の充血
  • 口角炎
  • 口内炎
  • 皮膚・粘膜の炎症

ナイアシン(ビタミンB3)不足

  • うつ
  • 幻覚症状
  • イライラ
  • 不安
  • 精神障害
  • 口内炎
  • 皮膚炎
  • 舌炎
  • 胃腸障害
  • 下痢

パントテン酸(ビタミンB5)不足

  • うつ
  • 性腺機能低下
  • めまい
  • 動悸
  • 頭痛
  • 手足のまひ
  • けいれん
  • 皮膚の異常

ビタミンB6不足

  • インスリンの分泌低下
  • アミノ酸吸収低下
  • かゆみ
  • 浮腫性湿疹
  • 皮膚炎
  • 貧血
  • 虫歯
  • 下痢
  • 食欲不振

ビタミンB12+葉酸不足

  • 神経系の障害
  • 記憶減退
  • 集中力低下
  • 食欲不振
  • 便秘
  • 下痢
  • 異常興奮
  • 悪性貧血
  • 胎児・乳幼児の成長不良
  • 学習能力の低下

ビオチン不足

  • 脱毛
  • 白髪
  • うつ
  • 無気力
  • 食欲不振
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 皮膚炎
  • 肌のむくみ
  • 筋肉痛

糖質制限がビタミンB群が不足する

糖質を過剰摂取すると、疲れが出やすくなるだけでなくいろいろな不調が現れてくる理由はビタミンB群の不足が原因です。

疲れているときほど、糖質制限すると早く疲れが取れるようになります。糖質を食べる時はビタミンB群を豊富に含む食品を一緒に食べることで疲れにくくなります。

ビタミンB群を多く含む食品

  • レバーやハツ
  • 玄米
  • 豚肉
  • ウナギ
  • 大豆
  • 牡蠣
  • ニンニク

まとめ

疲労回復で有名になったニンニク注射の成分はビタミンB群です。

ニンニクから作られているわけではありません。

糖質を食べたときにはビタミンB群を補給するようにしましょう。

そして糖質を異常に食べたくなるのは副腎疲労の可能性があります。副腎疲労に関してはまた書きます。

Keiko
メディカルコンシェルジュは、あなたの美容と健康をのサポート情報をLINE@で配信中です。
募集中
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
吉田 圭子

日本健康医学コンシェルジュ協会 会長:吉田 圭子

日本健康医学コンシェルジュ協会 会長 メディカルコンシェルジュとして、医療現場で予防医学を学ぶ。医師と連携し、食事療法などで末期がんで余命2ヶ月と診断された父を最後まで好きなものを食べ、寝たきりにならないようにし8年介護をした経験から、日本健康医学コンシェルジュ協会を設立し、健康サービス従事者と医師、医療機関の連携。 ウソやインチキ、だましの多い健康情報の中から、正しい情報を精査する知識と能力を身につけることができる場所を提供している。

-ダイエット, 医学, 栄養

Copyright© Medconcierge , 2018 All Rights Reserved.