栄養

こんな症状もミネラル不足が原因なの?原因不明の不調はここから治す

カラダの機能を正常に動かすために、微量のミネラルたちが働いています。そして微量の有害ミネラルたちが正常に働くことをジャマしています。

通常の検査では見つからない不調の原因はここに解決するヒントがありそうです。

体質改善を始める前に、血液検査とミネラル・有害金属の検査をしておきましょう。

現在のカラダの状態がわからないと、どこから改善するのがいいかがわからないからです。

現代人のミネラル不足

現代人は便利になった食生活の影響もあり、ミネラル不足になりやすくなっています。加工された食品は本来の食品に含まれているミネラルが加工する過程で取り除かれています。

ミネラルを多く含む食品は変色しやすいという特性があるからです。コンビニ弁当やジャンクフード、加工された食品が毎日の食生活のメインになっている場合はミネラル不足を疑ってみてください。

全体的にミネラル不足だとカラダのあちこちに症状が現れます。

現代人には特に亜鉛不足の人が多くいます。今回は亜鉛をメインにカラダに必要なミネラルが足りないだけで多くの不調を引き起こすことについてまとめました。

亜鉛不足の症状

チェック 肌荒れしている

チェック 肌が乾燥してかゆい

チェック シミが目立つ

チェック 爪が割れやすい

チェック 爪が変色している

チェック お酒が弱くなった

チェック 抜け毛が増えた

チェック 傷の治りが悪い

チェック 立ちくらみをおこす

チェック 精力が落ちた

チェック 生理不順である

チェック 更年期障害がつらい

チェック 物忘れが激しい

チェック 疲れやすい

チェック 風邪をひきやすい

チェック 味覚障害

チェック 耳鳴りがする

チェック 耳が悪くなってきた

チェック 太りやすく、痩せにくくなった

チェック 骨が弱い

チェック 精神的に不安定になることがある

原因不明でドクターショッピング

栄養不足、ミネラル不足、亜鉛不足を自覚している人が少なく、いろいろな病院をまわってドクターショッピングをしている人も多くいます。

一般的な血液検査では亜鉛不足などのミネラル不足はわかりません。

また、保険診療ないではドクターだけでは解決できない保険診療のルールがあります。

また、亜鉛のサプリメントだけ摂取しても他の必須ミネラルやビタミンが足りない場合は症状は改善しません。

原因不明の症状はあきらめるしかない?

血液検査や一般的な検査では、異常が見られないため、ただの過労や加齢で様子をみましょう。

バランスの良い食事をしましょう。

適度な運動をしましょう。

更年期障害ですね。

ストレスのない生活をしましょう。

精神安定剤を飲みましょう。

と医師から言われている方がほとんどです。

よくわからないから受け入れてくださいという診断。

亜鉛不足を放置すると、細胞分裂がうまくいかず、カラダのあちこちに症状がでます。上記のような症状があっても保険診療だけではその原因にたどりつくことが難しく、一時しのぎの対症療法を行うしかありません。

また急に死につながる症状ではないので、放置している人が多い症状です。

有害金属の蓄積と症状

必要なミネラルが不足しても不調がでますが、有害ミネラル(有害金属)でもカラダに不調がでます。

  • アルミニウムと自閉症
  • アルミニウムとアルツハイマー
  • アルミニウムと線維筋痛症
  • 銀と浮腫
  • ヒ素と頭痛
  • バリウムと心臓病
  • バリウムと自己免疫疾患
  • カドミウムと高血圧
  • 水銀と口内炎
  • 水銀とADHD
  • 鉛と精子異常
  • タリウムと神経障害
  • 有害金属と関節炎

有害金属が体内に蓄積されることで、いろいろな症状が出ることがわかっています。

しかし、自分に溜まっている有害金属を知らない人が多く、ちぐはぐな治療をしていたり、痛みや症状に対して対処療法だけを行っている場合がほとんどです。

根本的に体質改善をするためには、ご自身に足りない栄養素や溜まっている有害金属を見極めることやからスタートしましょう。

このような検査方法があります。

ストレスがカラダに与える影響とシステム|副腎疲労とコルチゾール

ストレスで胃が痛くなる。 お腹が痛くなってトイレに駆け込む。 やる気がおきなく、鬱っぽくなる。 そんな経験はありませんか? ストレスがない生活なんて実際には無理な話です。 ストレスに強い人、弱い人は何 ...

続きを見る

Keiko
メディカルコンシェルジュは、あなたの美容と健康をのサポート情報をLINE@で配信中です。
募集中
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
吉田 圭子

日本健康医学コンシェルジュ協会 会長:吉田 圭子

日本健康医学コンシェルジュ協会 会長 メディカルコンシェルジュとして、医療現場で予防医学を学ぶ。医師と連携し、食事療法などで末期がんで余命2ヶ月と診断された父を最後まで好きなものを食べ、寝たきりにならないようにし8年介護をした経験から、日本健康医学コンシェルジュ協会を設立し、健康サービス従事者と医師、医療機関の連携。 ウソやインチキ、だましの多い健康情報の中から、正しい情報を精査する知識と能力を身につけることができる場所を提供している。

-栄養

© 2020 一般社団法人日本健康コンシェルジュ協会